自動車事故を起こしてしまった際、遭遇してしまった際に弁護士に依頼する。

首にヘルニアを患ったら

見えない

自動車による交通事故に遭った場合は、全身のさまざまな箇所を負傷する可能性があります。

特に多いのは、首にヘルニアを患ってしまうというケースです。

いわゆる「むちうち」といわれる状態です。


交通事故に遭った直後には、負傷していても気づかないことも多いので、
少し時間が経ってから痛みが発生することがあります。

 

事故によって負傷した場合は、加害者に対して治療費や慰謝料を請求することになります。
負傷の程度や箇所を明確にしておいて、医療機関を受診します。
手続きをスムーズに進めていくため、加害者との間での示談交渉は、
慎重に進めていかなければなりません。

見通しが悪い

 

治療費を早めに受け取りたいと考えると、低い金額で示談に応じてしまうことがあります。

しかし、創傷や骨折などの外傷が治っても、痛みが続いたり
長期の理学療法が必要になるケースもあります。

 

その場合の治療費はもちろん、通院にかかる交通費も積み重なります。

重度の怪我でなくても後遺症に苦しむことがありますから、事故の影響は
簡単には分からないことが少なくありません。

 

事故というと精神的にもダメージがありますが、解決を焦らず、必ず保険会社を通して
適正な金額を請求するように努めることも大切です。


しかしここでも、気をつけておかないといけないことがあります。
保険会社も被害者の味方というわけではない、という部分についてです。
費用を立て替える立場である以上、できるだけ少なく抑えようとする傾向があります。


ここで、保険会社が提示してきたからと鵜呑みにすると損をする場合があります。
そのため、事故が起こったらなるべく早い段階で、交通事故専門の弁護士に
相談をしに行くのが、一番の安全対策と言えるでしょう。