自動車事故を起こしてしまった際、遭遇してしまった際に弁護士に依頼する。

刑事責任

交通事故を引き起こした加害者は行政上の責任、民事責任、
また場合によっては刑事責任を負うことになります。

このうち、刑事責任については過失運転致死傷罪や
危険運転致死傷罪に交通事故の加害者が問われてしまう
恐れがあり、懲役や罰金、禁錮といった刑事罰を
受ける可能性があります。

罪に問われる

特に日本では、重大な交通事故の発生する確率が近年
増加傾向にあることから、人身事故については
厳罰化を求める声が高まりつつあります。

そのため、交通事故の加害者となってしまったときには
少しでも早く示談交渉をまとめることが大事になってきます。


人身事故を引き起こして裁判に召喚される事態になったときに
示談交渉が成立しているかいないかが裁判官へ与える印象が
異なってくる重要なポイントになってくるからです。


仮に示談が成立をしていた場合、交通事故の加害者は
被害者に対して自分の過ちを認め、謝罪をする意思が
あるという印象を裁判官に与えることができます。

謝罪する


その結果、情状酌量されて刑事罰が軽くなる可能性があるのです。
そのため、加害者となってしまったときには弁護士へ相談をし、
適切な対策をとることが大事になってきます。


弁護士へ相談をして示談交渉をお願いすることで加害者が
自分で行うよりも早く交渉を成立させることができるからです。