自動車事故を起こしてしまった際、遭遇してしまった際に弁護士に依頼する。

弁護士特約

普通交通事故の場合、車対車で過失割合が10対0ということは珍しく、
ほとんどが大なり小なり過失がつくものです。


ちょっとでも過失があれば、自分が加入している保険会社が
代理人となって相手と話し合うことが可能になります。

代わりに話す


しかし幸いなことに自分に過失がなかった場合、自分の保険会社は代理人になれません。
完全的な被害者でありながら、海千山千の保険会社と自分で渡り合わなければならなくなります。


これは大変不利な状況です。
交通事故の関わる話し合いは、法律的な知識が必要です。法律の知識

それを持たずに戦うことは、精神的にも辛いものでしょう。


そういった時に役立つのが弁護士です。
弁護士は依頼を受けた時から、そのクライアントの
利益のために尽力します。

絶対的な味方になるのです。

しかし依頼費用が心配でなかなか相談できないという人のために、
この特約が有効に働きます。


自動車保険はこの特約によって、自分の会社が直接的に
加入者を守れない時でも安心を提供することが出来るのです。